果実酒

ワインを美味しく飲む

ワインを美味しく飲むためには、やはり温度管理が大切です。
日本酒は飲む時に温度を調整すれば良いですが、ワインは保存時から適正に温度を管理することが美味しく頂くポイントです。
一般的には、赤は15度、白は10度に温度を保つのが良いと言われております。
ワインセラーで管理するのが一番良いですが、日本の家庭では一般的ではないので、新聞紙をワインに巻きつけて冷暗所に保存する、冷蔵庫の野菜室に保存するのが良いとされています。

次はワインを酸化させて飲む方法をご紹介いたします。
ワインは空気に触れることで酸化を起こし、味の変化をもたらします。
飲む直前、飲む数時間前にデキャンタグラスに移し、酸化をさせて味の変化を楽しむデキャンタリングという方法もあります。
最近ではボトルの口にデキャンティングポワラーと呼ばれる注ぎ口の付いた専用キャップを取り付け、グラスに注ぐ際に酸化させてしまうというお手軽な製品も発売されております。

このようにワインにひと手間を加える事で、一段と美味しく頂くことが出来きます。
高価なヴィンテージワインはもちろん、格安のデイリーワインでも美味しく頂くことが出来るので一度試してみるのは如何でしょうか。


このページの先頭へ